読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信州飯綱町 工務店社長のおもいつき日記

地域活性化工務店という業態を目指して奮闘中のツチクラ住建土倉が、ゆる〜く書いてます。

上棟式

本日天候にも恵まれ、健翁寺様の庫裏の上棟式が挙行されました。

檀家さんやご近所の方もおいでになる中、私どもの流儀で実施いたしましたが、今回の私は普段よりかなり緊張しておりまして…。というのも、いつも地鎮祭をお願いしております、近藤神官さんがご近所ということでお客様として見えておりまして、その御前にて、私のような偽物が祝詞奏上を行うという、罰ゲームのような段取り(~_~;)

当然私も、近藤さんに祝詞をお願いしたい旨申し出たのですが、私だけでなく、施主様からのお願いも固辞されまして、今回の流れとなりました。

あまり唐突に始めてもいけないと思いまして、上棟式のいわれなんかを説明する中で、ちょっと言い訳がましく、なぜ建築屋が祝詞をやるのかみたいなお話をさせていただきました。その上で始めようとしたら、なんと近藤さんがカメラを構えてどうも動画を撮影されている様子。
いやはや、緊張MAXでした。

祝詞の文面は遥か昔の、全日本建築士会なる団体(今の建築士会とは別)の「建築慶事のしるべ」から。奏上の仕方は、普段の地鎮祭で何度も聞いて覚えた近藤さんの節回し。なんとか無事に奏上し終えました。

式が終わった後は直会です。

施主さんはじめ、皆様本当に良い方ばかりで助かりました。高橋棟梁、現場監督の高野君とともに、大変頂戴いたしました。

11月末の竣工に向けて、心を込めて工事させていただきます。