読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信州飯綱町 工務店社長のおもいつき日記

地域活性化工務店という業態を目指して奮闘中のツチクラ住建土倉が、ゆる〜く書いてます。

特殊工法部

建築士会の新春交流広場。
例年賛助会員のメーカーさんがブースを出して商品説明等をする恒例行事なんですが、今回は前段で特別講演会開催。
あのスカイツリーを作った大林組特殊工法部の原田恒則様に講演いただきました。

f:id:tsuchikura:20170120141143j:plain

あのくらいの高さになると、日が登っただけで鉄が膨張して塔が傾くので、それを計算に入れて施工しなければならないとか、色々ご苦労あったようです。特に何百メートル上空から小さなボルト一つ落としただけでも、多分銃弾並みの破壊力となるでしょうから、その気遣いたるや想像を超えます。

原田様が、雑談の中で、「一応工事中はボルト一つも落としてないことになってるが、おそらく本当に落ちてないのではないかと思う」という、含蓄のあるコメントをされていたのが印象的でした。

特殊工法部というのは大林組独自の部門で、本当に特殊な工法をやってるんです。熊本城の復旧工事も担当されているとのことで、同じ建築でも我々の仕事とはスケールが違いますが、日本を代表する技術力を垣間見た気がしました。